Y邸神奈川県足柄下郡

文京区の根津の民家から引き取ってきたこちらの本箱。
デザイン、サイズともにすごく使い勝手が良さそうだなと思っていたのですが、、、
ちょっと傷みがみられたので、お値引きして商品ページに掲載していました。
当時はこのような姿でした。

 

 

ポテンシャルを秘めつつも
ちょっと隙間が、、、
ちょっと色がかすれて、、、
と、「ちょっと〇〇」を抱えたまま、お店で過ごしていました。
 
今回購入を決められたY様によると「ちょうど探していたサイズだったので、運命を感じた。」とのこと。
ありがたくも見初めていただいたのですが、もう少しきれいにして欲しいとのご要望をいただきました。
 
まずは、角穴を埋木。

 
引き手がなかったので、付けました。

 
その後に、柿渋と弁柄の下塗り塗装。
弁柄を柿渋にどの程度配合したら良いか手加減しながら、色合いを調整していきました。
色味に統一感が出るように意識して作業しました。

 
見比べてみると・・・

Before
 

After
  
木目の凹凸の印象をかすかに残しつつ、ムラのない色に仕上がりました!
 
全体の下塗りを終えるとこのような感じになりました。

 

 
引き取りにお越しになられたY様にも「可愛くなってる!」とおっしゃっていただけて、一安心。
自分で言うのも厚かましいですが、でも、本当に可愛くなりました。
手をかけると、古いものはきらりと光るんですね・・・と再確認した瞬間でした。
 
追加で頂戴した費用は1万円ほど。
仕上げでオイルを塗装していただくことをお勧めし、出荷しました。
 
 
後日、新しい居場所を得た本棚のお写真をいただきました・・・!

可愛い・・・。
 

収められた本のきちっとした色が映えること・・・!
本棚の濃い色、合いますね・・・。
 

さりげなく皆様の目に入りそうな空間で使っていただけてとても嬉しいです。
周りの和の空間とも、すごくよくなじんでいます。
末長くお付き合いいただけますように・・・!